スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今なお色褪せないJapanese Electro 

やはりこれは外せない、84年当時にこのクオリティを出しているのが驚きです。

ヒップホップの影響ですがこの後来るハウスムーブメントを予感させるようなサウンドで、出たばかりのローランドのリズムマシンTR-909をサブですがすでに使ってます。

リンドラムをすべて909や808に置き換えたらモロにハウスというかデトロイトテクノっぽい感じになりますね^^

スポンサーサイト

[2009/05/24 14:31] お気に入り音楽 | TB(0) | CM(2)

高校生か大学生の頃、雑誌で読んで、聴いたことあったはずなんです。でもあんまり記憶にない。多分その頃にはピンと来なかったのかなと思うのですが、今聞くとめちゃくちゃすごい。
なんだったっけ、あのーあれ、たまたまマイルスデイビスのBITCHES BREWを最近聞いたのですが、あんな感じ。
尖ったセンスが今でも普通に新しくてカッコイイです。

(ピアプロへメッセージありがとうございました!)
[2009/05/24 22:55] ts [ 編集 ]

あーたしかにマイルスとかハービー・ハンコックなどのジャズファンクやアブストラクトな感じはあると思います。
ファンクの影響を受けているからヒップホップに飛びついたのは当然の成り行きでしょうね。

いつの時代の作品でもファンク的要素が入ってますし、HASYMOや現在のYMOでもそういった要素がありますね。
[2009/05/24 23:38] げっぺータロー [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://geppeitaro.blog26.fc2.com/tb.php/61-e13a0222


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。