スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クールデザイン 

ども、こんばんは。

4月に入りブログもデザインを変えました。
このテンプレート空に雲を描くことができます、とても面白いので暇つぶしに遊んでみてください。

さて今日は私が音楽ではなくてグラフィックデザインで影響を受けた人たちを紹介しようと思います。

昔からYMOを聴いていたこともあり、CDジャケット(当時はレコードジャケット)のデザインにも自然と興味がいきました。
中学の美術の授業でレコードジャケットを作ることがあって、そのときはやはりYMOのテクノポリスを選び自分のイメージでデザインしてました。
それからというものカセットテープww のインデックスは必ず自分でイラストを描いてケースの外側から見えるようにして、曲目を内側にしてました。
もちろんインレタで文字を一文字ずつ丁寧にこすって貼ってましたよ~ww

話がそれました。
月日は流れ再びジャケットのデザインに興味を持つきっかけになったのが今回ご紹介する Designers Republic (デザイナーズ・リパブリック) というイギリスのデザイン集団です。

知るきっかけになったのはやはりイギリスの Warp Records (ワープ・レコード) というテクノレーベルがあるのですが、そこのアーティストのほとんどのジャケットのデザインをしていたからです。
彼らのデザインの特徴を語りたいところですが長くなるのでやめときます。

同じ時期好きになった人たちは他に ME Company (ミー・カンパニー)Tomato (トマト) でした。
判りやすい例でいうと ミー・カンパニーBjörk (ビョーク)トマトUnderworld (アンダー・ワールド) を手がけてます。

今回の動画は初めて観ました、というより久しぶりに彼らの作品を観たのですが相変わらずカッコいいです。

スポンサーサイト

[2009/04/02 00:30] アート | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://geppeitaro.blog26.fc2.com/tb.php/44-5ddb4643


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。