スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

僕が影響を受けた10の音楽 Vol.2 

朝晩の気温も大分低くなり長かった夏もようやく終わりそうです。

前回は90年頃の曲中心だったので今回は僕の音の基本となる曲を紹介したいと思います。

まずはテクノといったらこの人たち!
Kraftwerk - Heimcomputer Live 1981




これを聴いてなかったら今の僕はありませんw
Yellow Magic Orchestra - Technopolis



小さい頃父がよく聴いていて自然とこういうコード進行が好きになっていました。
Astrud Gilberto - The Girl From Ipanema



この人たちも父が聴いてたなあ。この曲は大好き!こんな曲作れたらいいなあ。
The Beach Boys - God Only Knows



この曲は車に乗るといつも掛かってた。
Sylvie Vartan - Irresistblement



初めてシンセの音がカッコイイと思った曲。意外にYMOじゃなかったんですねw
GODIEGO - MONKEY MAGIC



ノイズっていうと僕の場合はこれなんです!
Art of Noise - Close to the Edit (live)



まだまだ健在。テクノを作るとき音の基準にするアーティストのひとつです。
Depeche Mode - Enjoy The Silence

http://www.youtube.com/watch?v=aGSKrC7dGcY&feature=player_embedded

Depeche Modeを脱退したヴィンス・クラークがYazooを経て結成したユニット。テクノポップの理想的サウンド。
Erasure - Chains of Love



最後は尊敬する作曲家。13年前くらいに観たコンサートは最高だったなあ。一生できないと思うけど本当はこんな曲も作ってみたい!
Burt Bacharach - Promises Promises




いかがでしたか?今回はテクノ色が薄かったでしょう?w
無機質なテクノが好きでも根本にはポップスがあります。
本当は誰もが聴けるテクノポップが作れれば最高なんですけどねー。
理想はErasureですね。
スポンサーサイト

[2010/09/12 14:52] お気に入り音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://geppeitaro.blog26.fc2.com/tb.php/154-e1843057


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。